色んな化粧品をたくさん試してもお肌が改善されない3つの原因とは?

「お肌の調子がなんだか良くない。。。」

そんな時はありませんか?だからといって高い化粧品を色々買ってお金をつぎ込んでみても全く効果がでない時がありますよね。私は化粧品を色々試したりするのが好きなのですが、今回は私の経験をもとにお肌が改善されない原因を3つお伝えしていきます。


1.クレンジング、洗顔がしっかり出来ていない

一日の汚れをしっかり落とすのはとても大事なことです。特に一日中化粧をしている場合は必ずクレンジングを行ったほうがいいです。私は仕事で疲れて遅く帰って来た時はそのままソファで寝ていて気付けば朝、!!なんてことがあるのですが、化粧したまま寝るのは一週間洗っていない雑巾を顔にのせていることと同じだとエステティシャンの友達に怒られてしまいました。

また、なるべく拭き取りのクレンジングも習慣にしないほうがいいです。とても楽なので私も一時期は毎回使っていましたが、やはり摩擦が強いせいか、日に日にお肌が弱くなり過敏になってしまいました。現在私は拭き取りのクレンジングはどんなに忙しくても週に2回まで、と決めています。夜はホットクレンジングのW洗顔不要のタイプを使用しています。朝は普通の洗顔で洗っています。


2.短期間で色々な化粧品を使用している

その日の気分でアロマの香りのする化粧品を使ったり、さっぱりしたいときには清涼感のある化粧品、などと短期間でコロコロと変えていると、やはり化粧品の効果が薄れてしまうと思います。

特にお肌が不安定な状態の時は何をやっても逆効果でした。

不安定なお肌の時はとにかくあまり刺激にならないように美容液などは一切使わないでシンプルなスキンケアで終了します。

お肌がザラザラしているとついつい角質ケアをしたり、毛穴に効果のある化粧品を使いたくなるのですが、そこはグッと我慢です。最低一ヶ月は同じ化粧品を使い続けてみてお肌の状態を鏡でチェックしてみてください。


3.規則正しいリズムを習慣づける

睡眠不足だからといって、たくさん寝ることもたまには幸せなのですが、私の場合不規則なリズムを続けると逆に吹き出物が増えたり皮脂分泌が過剰になったりします。なので休日の日もなるべく仕事の日と同じようなリズムで毎日を送っています。

また、普段はシャワーで済ませてしまうことが多い私なのですが、湯船にしっかり浸かった時のほうが血行が良くなり、夜ぐっすり寝られます。お風呂上がりにストレッチなどをして、めぐりをよくすると老廃物が流れてくれます。


まとめ

私は仕事に家事にと忙しかったりすると、どうしても怠けてしまうのですが、やはり根本を見直さないといくら高い化粧品やエステにお金をつぎ込んでもダメだなと身を持って体感しました。

同じような悩みをお持ちの方の参考になれば幸いです☆

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする