顔色が悪い!夜にくすんで見える目の下のクマを和らげる方法3選

朝しっかりメイクをしてきたにもかかわらず、夕方には顔色がくすんで目の下のクマ悪目立ちしていることはありませんか?私も普段仕事中に目を酷使しているので、夕方ふとトイレで鏡を見るとびっくりすることが有ります。「あれ、朝しっかりコンシーラー塗ってきたのに。。。」それだけでテンションが下がってしまいますよね。

ここでは私が普段仕事中やスキンケア時に行っている目の下のクマを和らげる方法を3つお届けします。

目の下のクマを和らげる方法

  1. 蒸しタオルや市販のホットアイマスクで目周りを温める
  2. マッサージやツボ押しをする
  3. スチレッチで目の周りの筋肉を鍛える

1蒸しタオルや市販のホットアイマスクで目周りを温める

蒸しタオルで温める場合は、厚手のフェイスタオルを水に濡らし(加熱している時に水分が蒸発するので軽く絞る)、電子レンジの600wで2分加熱します。

(加熱後、取り出す際はくれぐれもやけどに注意してくださいね!)

タオルを取り出し気持ちのいいと感じる温度まで冷まし目にのせます。

しかし前まではこの方法をしていたのですが、これだとタオルがすぐに冷めてしまうので最近私はいつも入浴時に湯船に浸かりながら目にタオルをのせてリラックスしています。冷めたきたらまた湯船でタオルを温め直します。お風呂の蒸気もありとても効果的です。また、週末にはアロマオイルを数滴垂らすことで、リラックス効果もあります。

そして入浴後アイクリームを塗って、寝る前に市販のホットアイマスクをして寝ています。これをした次の日は目のむくみもスッキリしてプリプリの目元になっています。

2マッサージやツボ押しをする

私がいつも行っているマッサージのやり方は、

  • 親指と人差し指で目頭をゆっくり2~3回つまむ。
  • 両手の薬指を使って、眼球の上は避け、目の周りをやさしく押していきます。
  • 耳の後ろにある耳介後(じかいこう)というリンパ節をゆっくり押します。
  • 両方の耳たぶを持って気持ちいいと感じるところまで真横に引っ張り10秒間キープします
  • 耳の真ん中、上部も同じようにひっぱりキープ
  • 耳全体を揉みます
  • 首筋から鎖骨に向かってリンパを流し、脇の付け根のリンパ節をゆっくり押す

これをやると顔の血行が良くなり顔がポカポカしてきます。

3ストレッチで目の周りの筋肉を鍛える

  • 目を思いっきりギューッと閉じて5秒間キープ
  • 目を思いっきり大きく広げて5秒間キープ(目と眉毛を思いっきり離すように意識するといいです)
  • この動作を5~6回繰り返す

私は仕事の休憩中に体のストレッチと一緒に行っています。目がスッキリしますよ。

まとめ

いかがでしたか?

いくらメイクでカバーしても、夕方には目のクマがひどくなっている方、目を酷使している方はぜひ一度お試しくださいね!!!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする