ゆで卵の茹で方☆時短料理でもしっかり見栄えのよいゆで卵に!

お店で出てくるような黄身が真ん中にある色鮮やかなゆで卵を自宅でも簡単に出来たらいいのに、と思ったことはありませんか?

でもゆで卵を茹でるのは時間がかかるし、結構面倒ですよね。

今回は我が家でやっている時短でも見た目がキレイなゆで卵の茹で方の方法+αをお伝えします☆


我が家のゆで卵の茹で方

  • 用意するもの

まず、平らなお鍋やフライパン(我が家ではティファールの小さい平らなお鍋を使用しています。)に卵と1センチくらい浸る水を入れてフタをします。

1センチと言っていますが、あくまでも目安で、卵から3分の1くらい浸ってても出来ましたので覚えやすい方でいいと思います。

  • 茹でる

火にかけて、沸騰したら中火で5分茹でます。

その時、沸騰するまでに何回かフライパンをゆすったりすると黄身が真ん中にきてくれるので切った時にキレイな見た目になります。(←コレ重要ポイントです!)

  • 放置

沸騰したら、火を止めてフタを閉めたまま3分放置します。

  • 殻を剥く

ゆで卵を取り出し、殻を剥きます。この時まだ熱いので注意してくださいね。

私は水に濡らしながら殻を剥いています。


調理時間約10分と時短

朝はバタバタして時間かけてられないですし、夜は明日の準備だったり食事の片付けだったりと時間かけてられないですよね。でも10分程度なら、かなり時短で料理を作りながらも出来ますし、歯磨きしながらでも出来ると思います。

我が家ではゆで卵をみんな食べるので、2日分くらいまとめて茹でて冷蔵庫で保存しています。そのまま塩をかけて食べても美味しいですし、サラダに入れたりサンドイッチに使用したりと重宝しています。

新鮮な卵を茹でると黄身の色もとても鮮やかでキレイなオレンジ色になり、サラダに入れた時に葉っぱの緑にトマトの赤、ゆで卵の白とオレンジの色がとても色合いが綺麗で食卓に出した時に食欲が増します。

ちなみに、

ゆで卵はタンパク質やミネラルが豊富で糖質は0.2グラムと糖質制限ダイエットの食材としても有名です。私が以前通っていたジムのトレーナーさんにも勧められていました。

なのでたまに、小腹が空いた時に食べたりもしています。しかし、仕事の時も休憩中にコンビニで買って食べてましたが、外で食べるのは若干周りの目が気になるので注意が必要です。(私は同僚に「板東英二かっ!どんだけゆで卵が好きなんだよ!」と、突っ込まれました。(笑))


おわりに

もともと我が家はみんなゆで卵が好きでしたが、昔母親がゆで卵を茹でる時間が長くて作るのにめんどくさそうだな、と思っていたのですがネットでこのやり方を見つけてから我が家はずっとこのやり方でゆで卵を作っています。本当に簡単に出来るのでオススメです。

ぜひぜひお試しくださいね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする