外はサクサク、中はふわもっちり☆グリルで食パンを焼く方法!

みなさんは普段パンを焼くときはトースターを利用していますか?

我が家にはオーブントースターがあるのですが、実はトースターとしては全く機能していません。いろいろな機能が付いていて便利だと思ったから買ったものの、実際は用途によって天板を取り替えたりするその一手間が面倒になり、今ではほぼ電子レンジとして機能しているだけです。

使った天板は毎回洗ってまた入れ替えて、、、忙しい朝にはあまり時間をかけてられませんよね。

トースターだけのものをわざわざ買うのもちょっと、、、

そんな時に使えるのが、なんとあの魚を焼くグリルなんです!!

今回は以外に使えるグリルで食パンを焼く方法をご紹介します。


グリルでの食パンの焼きかた

・グリルにアルミホイルを敷く

(我が家ではアルミホイルがなっかたので、フライパンで魚が焼けるシートを使用しています。)

・食パンを並べて焼く

強火で3分焼いてから、様子を見てお好みの焼き加減を調節してください。

・裏返して中火~弱火で2分

こちらも表と同じように焼き加減を見ながら調節してください。

注意…グリルのタイプで両面焼きと片面焼きがありますので、確認してから焼いてくださいね!(我が家のタイプは片面焼きでしたので、片面焼きの方法をご紹介していますが、両面焼きの場合は、裏返す必要はありませんので、強火で3分焼いたら、焼き具合をお好みで調節してください。)


グリルで他のパンは焼けるのか?

試しに他の色々なパンもうまく焼けるのか試してみました。

1.クロワッサン

片面焼きでもサクッと焼けました!

ただ、巻かれている部分の一番高い位置の部分だけ火からクロワッサンとの距離が短いため、焦げやすいので注意が必要です。

2.ピザ

我が家の場合は片面焼きグリルのため、裏返すと上の具がこぼれてしまうので、出来ませんでした。両面焼きぐりるなら、うまく焼けるのかもしれません。

(実際に試された方いましたら、どうだったか結果を教えてほしいです)

3,冷凍したままの食パン

コレは他のパンではないですが、我が家は余った食パンはすべて冷凍するのでそのままグリルでいけるのか試してみました。

一応焼くことは出来ましたが、焦げやすくなるので、やはり冷凍ではなく、常温の方が良いかもしれません。

また、一部分が固くなってしまうところが多々ありあす。


まとめ

今回はグリルで食パンを焼く方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

グリルでも以外とトースターで焼いたかのような、外はカリッと、中はふわもっちりで全然使えるじゃん!と感動してから我が家はもうこの焼き方が主流になりました。

みなさんもよかったらぜひ、試してみてくださいね^^

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする