クレジットカードでポイントを少しずつでも確実に貯めていく方法

クレジットカードって買い物以外であまり使う機会ないしポイント全然増えないな。。。と、思っていませんか?

私も今までそう思っていました。

「ポイントの為に余計な買い物までして、結局もったいないじゃん。。。」確かにそうですよね。でも、世の中にはこのクレジットカードを賢く利用してポイントを貯めている人がいるんです。

そこで今回は、クレジットカードでポイントを少しずつでも確実に貯めていく方法をご紹介します☆


ポイントを貯めていく方法とは?

余計な買い物以外でポイントを貯める方法が本当にあるのだろうか。。。

結局ご利用金額に比例するからカード使わないとポイントは貯まらなくてダメでしょ、となりますよね。

。。。それなんです!!!!!

だったら必ず毎月出ていく支出(=固定費)をクレジットカードで払えばいいんです。

私はこの驚きの話を友人に聞いて始めて納得しました。なんでこんな簡単なことに今まで気付かなかったのだろう…。

具体的にどんなものがあるのかというと、、、

  • 定期券
  • 携帯電話料金
  • 電気、ガス、水道料金
  • 国民年金保険料
  • 自動車税
  • 家賃          etc.です。

1つずつ詳しく説明していきますね。

定期券

私はいつも定期券を買うのは現金でした。区間にもよりますが、毎月1万円程度の支出になります。なので一年間にに支払う額は約12万円前後になります。結構デカイと思います。

次回買う時はぜひオススメします。

携帯電話料金

私は携帯電話料金は未納がないように口座引き落としにしていました。Wi-fiも同じ電話会社で契約しているので、こちらも毎月1万~1万5千円程の支出でしょうか。

一年間に支払う額は18万円になります。(1万5千円計算の場合)

また、私は現在auなんですが、通販などの買い物もauまとめて決済を利用すると電話料金の支払いから行われるのでウォレットポイントもついてダブルでお得になりかなり活用しています。

電気、ガス、水道料金

電気、ガス、水道料金は我が家ではまだ現金支払いなんです。しかし今後家族カードなどの夫婦で使う為のカードを持ち、それで支払いしていこうか検討中です。カードの明細書で毎月の支出を管理できるので家計簿代わりになりますからね。

ただ、口座振替の場合は地域によって「口座振替サービス」があるようです。割引額は毎月税込み54円とのこと。毎月の支出額や使用するクレジットカードの還元率によってどちらの方がお得かよく調べるのが良さそうですね。

国民年金保険料

国民年金保険料も私は現金支払でした。毎月約2万円の支出だとすると1年間で約24万円!!

これだけで既に結構な金額になりますね。メモメモ。。。

自動車税

自動車税はネットで調べて知ったのですが、自動車税もクレジットカード払いが出来るんですね。金額が大きいのでぜひ活用したいと思います。

家賃

家賃はクレジットカード払いが出来るのはまだまだ少ないようですが、可能なところもあるみたいなので、家賃すらポイント貯めてやる!ぐらいのハングリー精神の方は引っ越しの検討もされてみてはいかがでしょうか(笑)

私は住むところはカード払いが出来るところで決めるより、やはり住みやすさ重視ですね。


おわりに

今回はクレジットカードでポイントを少しずつでも確実に貯めていく方法をご紹介しましたが、カードの有効期限切れや再発行など行った場合、手続きをしなくてはいけないものもありますので、それも踏まえてうまくクレジットカードを利用していただければと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする